各国の秋冬ベレー 帽 コーデを説明

今日は、各国の秋冬ベレー 帽 コーデについて簡単に説明します。各国ファッション文化、コーデ術にご興味がある方はぜひご覧ください。

【1】イギリス

イギリスの首都ロンドンの年平均気温は12.8度ですが、イギリス人にとって、秋服の用意が大事なことでしょう。だんだん寒くなるイギリスの街で人々も秋の衣服を着用されました。定番デザインの黒ベレー 帽をかぶって、全体のウェアと合わせ、シーズンに最適なコーデになりました。白いセーター×ジーンズのコーデはすがすがしい感じを人に伝えます。ブラウンのマフラーとシューズはバランス感よくて、着ている人のいいセンスが感じられますよ。

【2】韓国

同じの無地黒ベレー 帽をかぶっていますが、服のコーデが違って、人々に残った印象も様々です。アジア人の肌色、身長や生活習慣などの原因で、欧米人とのレディース コーデなども違います。黒ベレー 帽×黒トップス×ブラウンのロングスカートというコーデは韓国の20代の中で大変人気が持っています。

【3】フランス

高い品質のウール製のベレー 帽×ウール コート×ハイヒールというコーデはファッションの角度を言うなく、着ている人はもちろん、見た人にも暖かい感じを与えられます。上記のモデルさんは同じ色系のコーデを採用して、中には、ウールの白いセーターを着用されて、色のコントラストが最高だと思います。

以上は3か国のベレー 帽 コーデ情報が簡単に紹介しましたが、他の国のコーデ説明などにご興味がある方はぜひ長くフォーローしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です